気になることならなぁにWEB

ドラマ・イベント・地元情報など気になったことを配信中




妊娠・出産

妊娠したら気をつけることやすることはなに?出産準備の考え方

更新日:

人間だれしもやったことがないことを
初めてする時は不安がつきものです。

特に初めての妊娠をした場合は
なおさらです。

 

今まで経験したことがないことが
自分のカラダに起きる、初めて妊娠。

 

嬉しいという気持ちと、
旦那も一緒に喜んでくれるのかな?という不安。

出産ってどんな感じなのか?
出産後、ちゃんと自分に育児ができるのか?
出産するまでにどんなモノが必要なのか?

 

未知のことばかりでわからないことらだけで
たくさんの不安を抱えていると思います。

 

今回はそんな不安を少しでも解消できるように

妊娠したら準備するもの
そして妊娠の進行具合に合わせて
必要なものである出産準備品をご紹介します。

 

私が妊娠した時に欲しかった情報をまとめましたので
ぜひ参考にしてみてください。

妊娠初期!必要なものはコレだけあります

妊娠したら、
時間が経つにつれてドンドン
自分のカラダが変化していきます。

子どもを育てていくために
必要な栄養素を溜め込み始め
お腹の中で赤ちゃんが大きくなっていくので
お腹がまず大きくなってきます。

 

お腹が大きくなると、
当然ですが今まで着ていた服は着られなくなります。

そこで最初に必要になるのが
”マタニティウェア”です。

 

お腹が大きくなってもゆったりと着れる
オシャレなものが今は色々販売されていますので
楽しみながらショッピングしてみるのがオススメです。

 

妊娠初期であれば
まだそこまでお腹も大きくありませんので
上に着る服は、今までのワンピースなど緩めのものであれば
着ることができますが・・・

大切な赤ちゃんが入っているお腹をしめつけないように
ズボンはゴムが入っている緩めのものを購入して
はくようにしましょう。

 

ズボンやマタニティウェア以外にも
下に着るショーツ、ブラジャーも体型変化に合わせて
サイズのあったマタニティ用のものを用意して、

靴もオシャレなハイヒールは出産・育児がある程度終わるまでおあずけにして
転ばないようにぺたんこ靴やスニーカーなど安定感のあるものを
履きましょう。

たまに妊婦さんでもハイヒール履いている人がいますが、
万が一転んだりする危険や、赤ちゃんが大きくなるに連れて
足がむくんだりしますので、よほどのことがない限りは
安定感のある靴をはくのがオススメです。

 

また洋服以外にも、
妊娠6週から10週くらいに自治体から受け取ることがデキる
母子健康手帳を入れる「母子手帳ケース」もあれば非常に便利です。

私は妊娠した時以上に、
母子手帳を受け取った時に、いよいよ親になるんだぁと
実感して少し涙ぐむほど嬉しかった記憶があります。

 

もしかしたら、初めての妊娠の後
何回か妊娠を経験することもあるかもしれませんが

今お腹に入っている赤ちゃんと一緒にいる経験は
人生で今だけなので一瞬一瞬を噛みしめながら感じると
喜びが倍増します。

 

あと妊娠初期から使わないと
出産後、後悔してしまう可能性が大なのが
「ボディケアクリーム」です。

お腹が大きくなった後に出産すると
残ってしまいやすいのが「妊娠線」です。

出産後に少しでも妊娠線が出ないように、
跡が残らないようにするために、
妊娠が分かったら早い時期からお腹にクリームを
塗りましょう!!

 

これは女性なら必須!!というくらい大事です。

妊娠中期の安定期にコレがあれば安心です

続いて妊娠中期から後期にかけて
妊婦さんが必要なモノをご紹介します。

ココで紹介するものは
もちろん妊娠初期の時にマタニティウェアなどと
合わせて購入してもいいのですが、

お腹の中の赤ちゃんの成長や
妊婦の体型変化にあわせて準備してもいいと思います。

 

妊娠初期の頃は、人によっては
つわりがきつくて、体調がなかなか安定しなくて
とても買い物をゆっくりするなんて余裕が持てないかもしれませんしね。

ちなみに私は、体質的にほとんど
つわりを感じることなく出産することができました。

ただ、なぜか旦那が同室の妊婦さんの
つわりに共感したのか?1人吐いてました^^

 

妊娠初期の不安定な時期を過ぎて
4ヶ月目くらいの安定期に入ってから、

まず私が準備したのが「腹帯」です。

 

妊娠5ヶ月を経過したら、
戌の日には、お参りをするので
それ以降腹帯を付けることになります。

お祝いする日の前までに
余裕をもって用意しておくと
日にちが近くなって慌てることがないので
4ヶ月目に入ったくらいで準備しておきましょう。

 

腹帯には、
最近では、さらしようなモノしかなかった昔とは違い
簡単に巻けるベルトタイプやガードル一体タイプなど
楽に着用できるモノも販売されています。

さらに大きくなるお腹を支えて守るために
大事なモノなので便利で使いやすいものを選ぶようにしてください。

 

また、初期の頃に買ったマタニティウェア、パジャマが
窮屈になってきますので、大きくなってきたお腹が包み込めるよう
楽にゆったり過ごせるマタニティウェア、パジャマも
合わせて購入しておきましょう。

いよいよ出産!入院前に準備するモノってナニ?

最後にいよいよ妊娠後期!

出産を迎えるために
事前に入院する場合などもあるので
人によって日数は異なりますが

出産後はだいたい5日間くらい
病院に入院する必要があります。

その入院期間中に
必要となるパジャマをある程度の日数分用意して、

それ以外にも

産後用のショーツ、
授乳用のブラジャー、
授乳が楽にできるトップス、
退院する際に赤ちゃんが着るドレス・肌着などを

購入しておきましょう。

 

またお産の後
しばらく出血が続きますので
ナプキンの交換が楽にできる専用ショーツ。

椅子に座るのがつらい時に使える
ドーナツ型のクッションがあると、

非常に便利ですよ。



-妊娠・出産

Copyright© 気になることならなぁにWEB , 2019 All Rights Reserved.