気になることならなぁにWEB

ドラマ・イベント・地元情報など気になったことを配信中




子育て

産後の抜け毛や薄毛を皮膚科で治療できるの?

投稿日:

部屋の中を掃除したり
お風呂の排水溝をチェックしたりして
大量の抜け毛が見つかり、

「薄毛がどんどん進行しているのではないか?」

という不安を抱えている産後の主婦は多いかもしれません。

 

見た目のイメージに直結する要素なので、
皮膚科での治療を考えている女性も増えています。

 

現在では
女性の薄毛治療を本格的に行うクリニックが
増え始め、

女性専用の病院も多いので安心して通えるようになりました。

 

・マイクロスコープを使って頭皮の状態をチェックする
・女性の抜け毛や薄毛の治療に有効なパントガールを処方してもらう
・更年期による薄毛を回復する外用薬のパントスチンを処方してもらう
・頭皮の汚れを落として環境を整えるヘッドスパを受ける
・頭皮に薬剤を注入するFAGA幹細胞再生治療を受ける

 

このように薄毛専門の美容皮膚科や
美容クリニックを受診すれば、
個人の症状に合わせた処置を受けられます。

 

しかし、
分娩後脱毛症(産後の抜け毛)に関して言えば
直接的に効果のある治療法はなく、
無理に薬を服用しなくても時間の経過で
自然と症状は和らいでいくのです。

内服薬にしても外用薬にしても
副作用がありますし、

積極的におすすめできる方法ではありません。

 

そこで、
産後の抜け毛や薄毛は投薬治療や手術ではなく、
育毛剤を使った頭皮環境を整えるケアをおすすめします。

当サイトでご紹介している
エンジェルリリアンプラスには

海藻エキスやセンブリエキスを中心とする
育毛成分が高濃度で配合されており、
安全な方法で薄毛を予防できるので一度使ってみてください。

Angel ReLien(エンジェルリリアン)はこちらから確認できます

円形脱毛症は皮膚科で治療しよう

産後の一時的な抜け毛や薄毛の場合は
無理に皮膚科で治療を受けなくても、
毎日のヘアケアを見直すことで症状を
食い止められると上記では説明しました。

 

しかし、
個人の症状によっては分娩後脱毛症ではなく
円形脱毛症の可能性もあります。

 

頭皮の一部分が抜け落ちて地肌が透けて見え、
10円玉~500円玉サイズの円形状の脱毛斑が
形成される病気が円形脱毛症です。

ホルモンバランスの変化や
精神的なストレスなど引き金となる要因は多く、
円形脱毛症が引き起こされたら皮膚科で
治療を受けた方が良いでしょう。

 

・自己免疫疾患の治療に使われるステロイド外用薬
・液体窒素やドライアイスを使った凍結治療
・漢方薬の服用による体質の改善
・皮膚に高濃度の薬を貼り付ける局所免疫療法

 

このような治療が効果的だと考えられており、
「ただの抜け毛や薄毛ではないのか?」と
疑問を感じている方は病院で専門医の診察を受けてみてください。



-子育て
-産後抜け毛対策

Copyright© 気になることならなぁにWEB , 2019 All Rights Reserved.