気になることならなぁにWEB

ドラマ・イベント・地元情報など気になったことを配信中




妊娠・出産

両親学級ってどんなところ? 嫌がるパパも連れて行きたい!

更新日:

妊娠中のママとパートナーを
対象に行われる両親学級。

大抵、
母子手帳を発行される時に案内されるので、
マタニティママはご存知の方も多いと思います。

ちなみに、
私が第一子を妊娠中の時は

「母親学級」

という名前が一般的でした。

 

参加するのは妊婦だけのケースが多く、
そんな中で妻とともに訪れるパパは
周りからも称賛されたものです。

そんなに昔のことじゃないですけど…。

今では、「イクメン」という言葉とともに
マタニティライフにも積極的なパパが
増えてきたのでしょうか。

 

もしくは、
出産も子育てもママだけじゃなく
パパも参加するものなのだと周知させるため、
呼び名が変わったのかもしれません。

いずれにせよ、
両親揃って参加することが大切なのでしょう。

両親学級って何をするところ?

では、各市区町村の保健センターや
産婦人科独自で行っている「両親学級」とは、
実際どのようなことをする教室なのでしょうか?

両親学級は出産に向けての準備!

両親学級は、ほとんどの場合は
初産婦さんに向けた講習となります。

初めての赤ちゃんを迎えるママパパは、
色々なことが不安だったり、

不安以前に何も分からない状態で
あることが多いので、

いざという時にパニックにならないためにも
大事なことを教えてくれます。

 

お産の流れ、
実際にお産がどういうものかを学んだり、
体調管理のための体操や呼吸法の実技なども
含まれています。

初めての育児に向けてのレッスン!

まず赤ちゃんが生まれたら
授乳から始まりますが、

そもそも赤ちゃんの重さすら、
実際に抱いてみないと分からないですよね。

 

両親学級では、
リアル赤ちゃん人形を使って
重さを実感したり、

抱き方の指導などをしてくれます。

 

また、
正しい沐浴の方法や着替えも
教えてくれます。

ここでしっかり練習して、本番に備える訳ですね。

両親学級に参加すると育児グッズがもらえるの?

産婦人科独自で行っている両親学級は、
施設にもよりますが育児グッズや試供品が
提供されることもあります。

どれだけあっても足りなくなる消耗品などが
もらえると助かりますよね。

地域の保健センターだけではなく、
かかりつけの産婦人科の両親学級もチェックしてみましょう。

両親学級!本当のところパパって参加してるの?

さて、実際にパパは
両親学級に参加するものなのでしょうか?

上記で述べたように、
私が参加した「母親学級」に来ていた
パパさんは少数。

全体の1割にも満たない数でした。
それはもう、輝いて見えましたよ。

両親学級へのパパ参加率UP!

今では、「ママだけ参加」と
「ママパパ2人で参加」が同じくらいの割合
(どちらも全体の約4割程度)だそうです。

素晴らしい進歩ですね。

 

意外と参加しているパパが多いので、
うちだけなんじゃない?

なんか目立ちそうでイヤだなぁ…と
考えているパパも安心して行けますね。

両親学級にパパが行きたがらない理由とは?

・大きな理由のひとつとして
「仕事を休めない」ということがあります。

これは、もうどうにもならないことですよね…。

というのも、保健センターなどの機関は
完全週休2日ですから、

平日の日中に開催される両親学級には
行きたくても行けないパパが多いようです。

・「やっぱりこういうのは母親がやるもの」という固定観念。
これも大きいですね。

男のオレが行ったってどうにもならない、と
考えるパパもいます。

 

出産だけではなく、
育児についても色々学べることを伝えてみましょう。

・なんとなく恥ずかしい、という理由もあります。

このタイプは、出産育児は母親が…という
固定観念タイプよりは説得しやすいです。

赤ちゃんはふたりで迎え、ふたりで育てるものだと
話し合ってみて下さい。

大勢のパパが参加していると知れば、
恥ずかしさも半減すると思います。

 

パパを連れて行くことで生じるデメリットもある

両親学級は、ママパパともに向き不向きがあると思います。

中には、出産のドキュメンタリー動画などを観て
すっかり怖くなってしまい、

立ち合い出産を断念するパパがいるとの話も…。

 

また、スポーツマンタイプのパパだと、
重さ8キロほどの妊婦スーツを着て
「何だ、こんなもんか」と言ってしまうなど、
うっかり屋さんもおられるようです。

妊娠生活で何かと神経質になりがちなママには、
地雷も同然。

両親学級なんだから必ず夫婦で行かなければ! と
思いこまず、参加することの意義を第一に考えて下さい。

 

両親学級に過度の期待は禁物?!

実際の出産・育児は、
なんだかんだいってもママの肩に
かかることの方が多いです。

どれだけ勉強しても、
出産の大変さは男の人には分かりませんから…。

 

そして出産の時に、
かゆいところに手が届くような
「あ・うん」の対応をしてくれるパパ(男性)は、
かなり少数だと思います。

 

うちの旦那は…などとは思わないで下さいね。

パパがあまりにも無関心だと困りますが、
日頃からお互いを労わり合える良好な関係であれば、
ママの苦労も辛さも、口に出さずともきっと分かってくれている筈です。

まとめ

・両親学級では出産・育児が学べる
・パパの参加率は少しずつ増えている
・行きたくても行けないパパもいる
・向き不向きも考えてみよう
・出産の大変さは、やっぱり女性にしか分からない

出産を目前に控えた夫婦にとって、
両親学級はとても有り難いものです。

行きたくても行けないパパ、
あまり乗り気ではないパパ、
色々いますが、

赤ちゃんを迎えるのは夫婦ふたり。

 

もし時間の都合がつくようであれば
「最近はほとんどのパパが行くものらしいよ」などと
軽く誘ってみてはいかがでしょうか?



-妊娠・出産

Copyright© 気になることならなぁにWEB , 2019 All Rights Reserved.