気になることならなぁにWEB

ドラマ・イベント・地元情報など気になったことを配信中




子育て

保育園 入園の年齢はいくつ?確実な流れや必要書類がコレ!

投稿日:

共働きをしている家庭で、
頭を悩ませるのが「保育園選び」ではないでしょうか。

 

赤ちゃんを出産して、
1歳まで育てる間は産休・育休があれば
収入の面で大きな不安を抱えることはありません。

しかし、産休・育休の期間を過ぎると
少しでも早く職場復帰しないといけなくなるため、
赤ちゃんが生まれる前から”保活”をする夫婦も少なくありません。

 

多くの家庭が共働きになり、
保育園に入れる人数より入園を希望する人数が多くなり
「待機児童」が増えている現状があるので、

自分たちが待機児童になってしまい、
職場復帰できなくなってしまうと
家計に直接影響があるので事前の”保活”をするのも
うなずけます。

 

今回は、そんな”保活”をされている方に役立つ、
保育園に入園できる年齢という基本から、
入園するまでの必要書類やスムーズに手続きをする流れ
お伝えしていきます。

保育園に入園できるのはいくつ?0歳から入れるのか

そもそも保育園とは
赤ちゃんの保護者である親が働いていたり、

または身体的な問題で自宅で保育できない時のために
両親に代わって子どもを保育する
児童福祉施設のことです。

 

保育園は大きく分けて、

国家基準を満たして、
自治体の認可を受けている「認可保育園」と

企業が運営する「認可外保育園」の
2つがあります。

 

保育園の入園できる条件や、
申請の仕方は、

保護者である両親がどのような形で
仕事をしているかや

赤ちゃんの取り巻く家庭環境が
どのようになっているかによって
変わってきます。

 

ほとんどの保育園は、
認可有無を問わず0歳児から受付けていますが、

ママは労働基準法の
「産前産後休業、いわゆる産休の項目」で

赤ちゃんを出産した後、
8週間は仕事に付くことができないと
決められていますので

入園するのは
どんなに早くても生後2ヶ月、
平均すると生後4~6ヶ月から入園する場合が
多いようです。

 

保育園によっては
首がすわっていない乳児などを受け入れると
マンツーマンの対応が必要になるため

発育が安定して首がすわっている
生後4~6ヶ月、場合によっては1歳以上と
規定している園もあります。

 

もし、入園したい保育園が決まっているなら、
赤ちゃんを預け始めたい時期がいつなのかを決めた上で、
受入可能かどうかホームページや電話で確認しておきましょう。

また、ホームページや外側から見たのと
実際入園した後、イメージが違うこともありますので
時間に余裕があれば見学をしておくと
後から後悔しないですむのでオススメです。

保育園に入る申込みの流れはどうなっているのか?

保育園のホームページなどをチェックして、
預け入れしたい時期と受入可能時期が問題なければ
早速、申込みの準備を始めます。

 

保育園の申込みは、各市町村役場で行います。

基本、窓口での申込みとなり、
郵送で書類を受付けてくれることはありません。

書類に不備がある場合は、再度窓口まで
持っていく必要が出てきますので、
度々職場を休んで役場に行かなくても良いように
書類は事前に記入ミスや添付漏れがないようにしましょう。

※必要書類は次の項目でお伝えしています

 

なお、保育園の申し込み時期は、
入園を希望する月によって異なりますが
12月~4月の間に入園を希望する場合は、
10~11月上旬が締め切りになるケースがほとんどです。

申し込みまでに余裕をもって準備をするために、
事前に自治体で確認をしておくと安心です。

 

倍率の高い地域では、窓口で申し込みをした際、
今現在の応募人数や募集人数が記載された紙が
配られることもあります。

倍率が高くてムリそうだと思ったら、
この紙を見て倍率の低い園に変えて
確実に入園できるよう事前に調整することが可能なようです。

 

自治体に申し込みをした後の
流れは各自治体によっても異なる部分がありますが

大きな流れは、下記のようになります。

1. 自治体に申込

2. 自治体での入園選考

(地域によっては点数制を導入して
保育が必要な家庭を優先して入園させる選考が行われます。)

3. 自治体の選考を通過できたら保育園で面接・健康診断

面接ではお母さんと子ども両方の発言内容が
選考対象となりますので事前の準備される方が多くいます。

4. 保育園の面接を通過したら2月頃に入園決定通知が届きます

入園決定通知の中に入園する際の持ち物などが書いてありますので、
私は通知が届いてから慌てて揃えました。

 

なお認可外保育園の場合は、
こちらの流れとは異なり、

園によって内容がそれぞれ違いますので
自分で入りたい保育園の書類などを取り寄せる必要がありますので
認可保育園に比べて少々大変です^^;

入園に必要な書類がコレ!

入園の申込の大きな流れを見てきましたが
申込の一番最初の時点で自治体に提出する書類は
ほんと嫌になるくらいたくさんあります。

 

基本的に提出する必要がある書類を
ココではお伝えしていますが

自治体によっては、ココでお伝えしている書類以外にも
提出が必要な可能性がありますので

「●●市  保育所等の入所」

と検索して確認するようにしましょう。

 

提出する書類は、
全員が提出するものと、
家庭の事情によっては提出が必要なモノの
2種類があります。

 

主なものとしては下記のような書類の提出が必要です。

 

●必須書類

・支給認定申請書(2号・3号用)
世帯状況と保育が必要な理由などを記入します。

こちらは新制度「子ども・子育て支援新制度」導入により
新制度移行する幼稚園や保育園、認定こども園などを利用する場合に、
市が利用費用の一部を給付費として負担してくれる制度です。
このため、給付を受けるためには必ず「支給認定」を受ける必要があります。

・入園申込書

・保育を必要とする理由の証明書類

  • 保護者の状況を証明する書類
  • 勤務証明書 (勤務の場合)
    →職場で記入する欄があります
  • 診断書,障害者手帳 (病気、障害の場合)
  • 母子手帳(出産の場合)
  • 診断書等(介護の場合)
  • 在学証明書,時間割(通学の場合)
  • 兄弟姉妹が幼稚園に通っている場合は在園証明書
    →兄弟が通っていたら費用が割引かれます

・保育料決定のための税資料

  • 所得を証明する書類
  • 前年分源泉徴収票または前年分確定申告書
  • 印鑑

 

家庭の状況によって提出が必要な書類

  • 延長保育申込書
  • 採用内定証明書

まとめ

共働きをしている夫婦には
絶対に欠かすことのできない保育園ですが、

申込手続きには、
たくさんの流れがあり、多くの書類が必要になります。

 

予定通り就業するためには、
事前の準備が何よりも大事です。

一番入りたい保育園を決めて、
必要書類や手続きの時期を確認するのは
早ければ早いほど、確実にゆっくりと行えますので
早すぎるのでは?!と思うくらいの時期からの準備がオススメです。



-子育て

Copyright© 気になることならなぁにWEB , 2019 All Rights Reserved.