気になることならなぁにWEB

ドラマ・イベント・地元情報など気になったことを配信中




子育て

妊活とは何するの?タイミングや食事・葉酸を紹介!

更新日:

赤ちゃんが欲しい!
でもなかなか妊娠できない…。

 

こんな切実な悩みをかかえて
が赤ちゃんを授かるために、積極的に妊娠しようとする行為を
「妊活」といいます。

婚活、就活…色々ありますが、
妊活はその中でもハードルが高いものではないでしょうか。

 

こればかりは、まさに「授かりもの」としかいえないもので、
努力が100%報われるものではないからです。

でも、諦めないで下さい。

なかなか妊娠できないのには、
何か理由があるはず。

 

そこを改善し、
赤ちゃんが授かりやすい身体になれば、
妊活が成功するかもしれません。

どうして妊娠できないの?不妊の原因とは

日本産婦人科科学会によると

「生殖年齢の男女が妊娠を希望し、
ある一定期間、避妊をすることなく
通常の性交を継続的に行っているにもかかわらず、
妊娠の成立をみない場合を不妊という」

という定義があります。

これが不妊症です。

一定期間というのは一般的に1年間。

というのも、
上記の状態で1年間以内に約80%(2年以内だと90%)
の夫婦が妊娠を成立させているからです。

このため、
上記の状態で1年以上赤ちゃんを授からない夫婦は、
不妊症の定義に当てはまってしまう訳です。

少し、強引な気がしませんか。

私にはなんかそんな感じを受けました。

 

そもそも「通常の性交を継続的に」行える環境が、
すべての夫婦にあるはずがありません。

お互いの仕事の時間が合わず、
家で一緒に過ごすことが少ない

もしくは既に第一子がいて川の字で寝ている
どちらかの親と同居している…。

色々な事情がありますよね。

 

また「通常の性交を継続的に行って」いて、
なかなか妊娠しない場合、男女ともに身体的な原因が
あることが考えられます。

女性ならば卵巣・卵子・卵管・子宮等に
何らかの不全があったり、

男性ならば無精子症や精路閉鎖など
も挙げられますね。

 

自分ではなかなか気付けないものなので、
こんなに夫婦生活を頑張っているのに
どうして授からないんだろう? と思ったら、
夫婦2人で病院に行ってみましょう。

妊娠しやすい身体作りをしよう!

妊活の第一歩は、
妊娠しやすい身体を作ること!

こればかりは、女性が頑張るしかありません。

日々の食事に気をつけて体調を整えることによって、
排卵や月経のリズムも整ってきます。

受精というのは、
卵子が排卵されて約16~24時間以内に、
射精後約80時間以内の元気な精子が結合することです。

 

その時に女性の身体が妊娠しやすくなっており、
またそのタイミングをピンポイントで見極めることによって、
受精の確率もUPするのです。

妊娠に冷え性は大敵!脱・冷え性を目指す必要性とは?

身体が冷えていると、血流が悪くなります。

女性の大半は冷え性といわれますが、
身体の中から温まることによって血流がスムーズに。

すると子宮・卵巣にも充分な栄養が行き渡り、
ホルモンの分泌も盛んになります。

生野菜は避け、
必ず火を通してから頂きましょう。

冷たい飲み物よりも、常温の水や白湯を飲みましょう。

また
忙しい日々のバスタイムでも、
シャワーだけではなくて短時間でも毎日湯船に浸かって下さい。

基礎体温をつけてみる習慣が大事です

上記のように、
卵子と精子が出会って受精する確率というのは
決して高くありません。

下手な鉄砲、数打ちゃ…
云々の例えもありますが、

日々の生活が忙しい夫婦は特に、
そんな時間はありませんよね。

そこで登場するのが、
「婦人体温計」「基礎体温計」と呼ばれる精密体温計です。

ドラッグストアにも売っていますね。

毎朝起きてすぐに体温を測り、
それを記録しておくことで
排卵や月経のサイクルが分かるようになります。

排卵検査薬というスグレモノ

実は、最も妊娠しやすい日というのは排卵日当日ではなく
排卵日の2日前というデータがあります。

理由には諸説ありますが、
どうやら排卵日近くなると女性の膣内が
酸性からアルカリ性に変化するために精子が生存しやすい、
子宮へ到達しやすい、という説が一般的のようです。

排卵検査薬は、
商品によっては最大5日前から排卵日を知ることができ、
妊娠したい女性の強い味方。

このタイミングを逃したくない! という方は、
是非試してみましょう。

妊活を支えてくれるサプリメントの数々

今や、健康的な身体を維持するために
多くの人が生活に取り入れているサプリメント。

その中でも、妊活を助けてくれるサプリを
いくつかご紹介します。

健康食品ではありますが、
それぞれ飲み方を守って正しく摂取しましょう。
水や白湯で服用し、1回の用量を守りましょう。

葉酸

名前をご存知の方も少なくないと思います。

葉酸とはビタミンB群に分類されている栄養素で、
DNA・タンパク質の合成に関わります。

人間の身体を作り育てる栄養素なので、
妊娠前から出産後まで欠かせないものです。
積極的に摂取しましょう。

マカ

マカはホルモンバランスを整える効果があり、
妊活時期の頼れる味方です。

黄体形成ホルモン・卵胞刺激ホルモンの分泌を促し、
妊娠しやすい身体作りを手伝ってくれます。

亜鉛

子宮の機能を活発化させる効果があるという亜鉛。
食べ物からはなかなか摂りにくいので、
サプリがあると便利ですね。

まとめ

・不妊には身体的な原因がある
・妊娠しやすい身体を作ろう
・脱冷え性
・基礎体温をつける
・排卵検査薬を試してみる
・妊活を支えてくれるお薦めサプリメント

不妊は様々な要因が複雑に絡み合うものですが、
日々の生活を少し変えてみるだけで、
赤ちゃんを授かりやすい身体になれるかもしれません。

妊活に関わらず、
女性の身体や美容にとっても大事なことですよね。

毎日をちょっとだけ振り返り、
簡単にできることから始めてみましょう!



-子育て

Copyright© 気になることならなぁにWEB , 2019 All Rights Reserved.