気になることならなぁにWEB

ドラマ・イベント・地元情報など気になったことを配信中




子育て

夜泣き対策はコレがおすすめ!改善策を徹底検証してみました

投稿日:

お腹は空いていない、
抱っこもしてる、

なのにちょっと寝たと思ったら
すぐに起きて泣く…。

 

こんな夜が続いたら、
ママは体力的にも精神的にも参ってしまいますよね。

ですが、
これは赤ちゃんの大半に起こること。

聞いたことがあるという方も多いでしょう。
そう、赤ちゃんの「夜泣き」です。

夜泣きって一体どういうメカニズムなんだろう? と
不思議に思われる方も少なくないでしょうが、
実は、これは医学的にもはっきりとは解明されていません。

 

赤ちゃんとはとかく不思議な生き物(?)
ではありますが、

夜泣きはそれの代表的なものといっても
良いかもしれませんね。

夜泣きには赤ちゃんごとの個人差がある

ほとんどの赤ちゃんに起こると
認識されている夜泣きですが、

中にはまったく経験しないで
成長していく赤ちゃんもいます。

 

私の子どもは3人中1人は
夜泣きゼロの孝行息子ばかりでした^^

 

一方で、
布団に下ろしたら泣く、

ようやく寝かしつけても
手を離したら泣くから、

抱っこしたままソファにもたれて
寝る生活を何か月も続けた友達も…。

赤ちゃんによって千差万別なんですね。

夜泣きはいつから?始まる時期はあるのか

個人差があるのではっきりとはいえませんが、
夜泣きが始まるのは生後半年頃からが多いようです。

それまでの赤ちゃんは
昼も夜も関係なく

「泣く」
「授乳」
「寝る」

を繰り返しますから、

夜泣き=夜になったら寝るという
人間らしい習慣を身に着けようと頑張っている、
とも考えられますね。

夜泣きは一体いつになったら終わるの! ゴールが見えない戦い

夜泣き時期の真っ最中は、
これが永遠に続いたら私もうムリだわ…と
思うでしょうが

(当たり前ですよね。自分でも無理だと思います)、

夜泣きは必ず終わります。

 

一般的には1歳半頃には落ち着くと
言われていますが、

遅い子だと2歳過ぎまで続くこともあるそうです。

でも、必ずゴールがあるのが夜泣きです。

夜泣きが実際に始まったらどうしたら良い?具体的な対応は

さて、我が子が夜中に起きて
泣くことを繰り返すようになり、

もしや夜泣きが始まった?!と
戦々恐々のママさんのために、

泣き出した赤ちゃんを
落ち着かせた、実際にやった方法をお伝えします。

参考にして下さい。

ちょっと様子を見る
夜間のことですから、
赤ちゃんが泣いたら早く泣き止ませなきゃ! と
慌ててしまいがちですが、

ちょっと泣いてすぐに何事もなかったかのように
寝てしまう赤ちゃんもいます。

まずは少し様子を見ましょう。

早く寝かせたい気持ちを抑えて、
我が子の夜泣きがどういうタイプなのか見てみるのも大切です。

授乳・抱っこ・あやす
最もオーソドックスな方法としては、
日中と変わらずに抱き上げて
授乳してあやして寝かせる、

というものですね。

 

大抵の赤ちゃんはこれで安心して寝ます。
ところが、赤ちゃんあるあるとして
有名な(?)下ろしたら泣くパターンもありますから、
疲れている時は抱っこしたままママも寝ちゃいましょう。

夜のドライブに出かける
大人でもそういう人はいますが、
赤ちゃんは車で移動中によく寝てしまいます。

きっとエンジンの振動が心地好いんでしょうね。

私自身も、遠出の運転で疲れている夫を尻目に
助手席で寝てしまうタイプですから、
分かる気もします…。

不思議と、車に揺られているうちに
熟睡してしまう赤ちゃんも多いようです。

ドライヤーの音、ビニール袋の音、ママの心臓の音

我が子が好きな音は何ですか?
知っていますか?

ドライヤーのごぉーっという音が
好きな赤ちゃん、

レジ袋などを耳元で
カサカサさせると落ち着く赤ちゃん、

さまざまですよね。

 

生まれた直後のカンガルーケアのように、
ママの上にぴったりうつぶせになると
寝付く赤ちゃんもいます。

夜泣きの時に、
好きな音や落ち着く音を聞かせると
泣き止む赤ちゃんもいるようです。

夜泣きを卒業するには日中の生活リズムを整えることが大切

1日も早く夜泣きを卒業したい!と
考えるママさんは多いでしょう。

 

当然ですよね。
筆者も、我が子が夜泣きをしていた時は、
1分1秒でも早く寝てくれ!と思っていましたから。

では、そのために普段からできることを考えてみましょう。

朝になったらカーテンを開けて
何を当たり前のことを? と思われるかもしれませんが、
実は見落としがちな大事なことです。

睡眠不足で疲れているママにとっては、
朝はゆっくり寝ていたいものですよね。

 

ですが、
そこを頑張って乗り越えて、
決まった時間にカーテンを開けましょう。

眠かったら、
赤ちゃんに授乳をした後に
居間のソファで一緒に寝てしまっても良いんです。

早めのお風呂、そして消灯
夕方になったらお風呂に入りましょう。

もしかすると、
帰宅後に赤ちゃんとお風呂に入るのが
1日の楽しみというパパもいるかもしれませんが、
そこは我慢してもらいましょう。

お風呂を終えたら、
赤ちゃんの身体が温かいうちに授乳をして、
電気も早めに消してしまいましょう。

寝る・寝ないに関わらず、
部屋を暗くして寝る空間を整えることによって、
あぁもう寝る時間なのね、
と赤ちゃんも身体でおぼえていきますよ。

ミルクも視野に入れてみる
賛否両論ありますが、
寝る前に母乳ではなく
粉ミルクを飲ませてみるのもひとつのアイディアです。

ミルクは母乳よりも腹持ちが良いので、
夜寝る前にたっぷりと飲ませると
赤ちゃんも満腹に。

 

例えば平均睡眠時間が2時間の日が数日続く…と
なってくるとママが参ってしまいますよね。

どうして寝ないの?
どうしたら泣き止むの?
どうして私だけこんなに疲れなきゃいけないの?

と思って精神的にも辛くなるようなら、
ミルクを検討するのも悪くありません。

夜泣きはママの育児とは関係ありません

夜泣きは赤ちゃんが成長する上での、
不可解ではありますが必要ともいえる過程です。

私の育て方が間違っている?
昼間のお出かけやスキンシップが足りないの?
寝かしつけ方が良くないの?

…なんて、決して考えないで下さい。

ママの育児と夜泣きは関係ありません。

赤ちゃんの泣き声は意外と小さい
ママは神経質になってしまいますが、
夜泣き時期の赤ちゃんの声なんて小さいものです。

子どもが大きくなって、
毎日のように喧嘩・泣く・(親が)怒る、
を繰り返すようになったら、

赤ちゃんの泣き声ってなんて平和だったんだろう、
と思うことでしょう。

親が気にするほど、
赤ちゃんの泣き声はうるさくないんですよ。

きっとキャパシティが広いから! という気持ちの持っていき方
夜泣きに限らず、
育てやすい子とそうじゃない子はいますよね。

私の持論ではありますが、
育てるのが何かと大変な子は
ママのキャパシティが広いからなんだろうと思います。
(ちなみに我が子は非常に育てやすかった。それは私のキャパが狭いからです…)

夜泣きでツラくなってきたら、
きっと私のキャパが広いからこの子も甘えてるんだ! と
気持ちを切り替えてみて下さい。

まとめ

・夜泣きは赤ちゃんによって千差万別
・様子を見る
・授乳・抱っこ・夜のドライブ
・赤ちゃんが落ち着く音を探してみよう
・早寝早起きが大切
・場合によってはミルクも悪いものではない
・夜泣きはママのせいじゃない

夜泣きは必ず終わります。

疲れてきたらパパに預けたり、
家事を1日お休みにしてゴロゴロ過ごしたり、
自分を決して追い詰めないようにしましょうね。



-子育て

Copyright© 気になることならなぁにWEB , 2019 All Rights Reserved.