気になることならなぁにWEB

ドラマ・イベント・地元情報など気になったことを配信中




子育て

夜間断乳とはなに 時期はいつからなら寝かしつけ失敗しないの?

投稿日:

赤ちゃんの夜泣きで、真夜中に何回も起きて
夜間授乳するのってかなりストレスですよね。

私もそうでした。

 

わが子も今ではそんな頃のことは
おくびにも出さないほど成長しましたが

当時は、夜な夜な夜泣きをしては、
授乳をして、

ひどい時は授乳をしても全く寝ないので
抱っこ、もしくはおんぶして
家の周りを散歩してやっと寝るほどでした。

 

わが子ながら、当時は育児ストレスMAX状態でした。
カワイイ子供の育児をしてストレスって・・・
とても悲しかったので、

何とか出来ないかと
1歳を前にして始めたのが”夜間断乳”でした。

 

今回はそんな体験を含めて、
夜間断乳とは何か?いつ頃から始めるのが失敗せずに上手くいくのか
などお伝えしていきます。

もしあなたが夜な夜な起こされて
カワイイわが子にストレスを感じているなら
ぜひ参考にして見てください。

夜間断乳ってなに?なんでする必要があるの?

夜間断乳とは、読んで時のごとく

”夜の間だけ、授乳をせずにいること(断乳すること)”

で、

 

昼間はいつものように授乳をして、
夜、赤ちゃんが就寝した後から
朝起きるまでは授乳しないことを指します。

 

夜間断乳をすることは、
夜中に赤ちゃんがちゃんと寝ることで
成長を促すという意味で有効ですが

夜中に赤ちゃんが泣く”夜泣き”によって
度々お母さんが起こされて睡眠を十分に取れず、

育児ノイローゼや産後うつになることを
予防する意味合いでも効果のある方法です。

 

夜間断乳は赤ちゃんが安心感をえるために
お乳は飲まないのに授乳を求めることから卒業させる
”断乳””卒乳”のファーストステップとしても
多くのお母さんが取り入れています。

夜間断乳する時期はいつから?失敗せずに行う方法はあるのか?

赤ちゃんは生後4ヶ月目くらいまでは、
個人差がありますが消化器官が未成熟のため
一気に栄養を取ることができず、

2~4時間おきに授乳やミルクを飲むことでの
栄養補給が成長には不可欠です。

 

授乳が必要な期間を過ぎ、
生後5~6ヶ月ほど経つとほとんどの
赤ちゃんは授乳量が減り、離乳食へ移行していきます。

 

この時期に入っている状態であれば、
消化器官も成長して、

夜間に栄養補給が
必要ではなくなってきますので
頃合いを見計らって”夜間断乳”を開始するのがいいです。

 

夜間断乳を行う具体的な方法は、
「赤ちゃんが夜泣きしても、今までのように授乳しない」
ということです。

 

夜泣きして赤ちゃんが泣いている場合は
背中をトントンたたいたりして、
抱っこすることで安心感を与えてあげてください。

授乳が必要な時期を過ぎている場合は、
それだけで赤ちゃんを自然と寝てくれます。

 

もちろん夜間断乳を始めて数日は、
今まで授乳させてもらったのに、
それができないため赤ちゃんが大泣きしてしまうかもしれません。

そんな時はついつい授乳をしたくなりますが、
そこはグッと我慢してこらえてください。

 

先輩お母さんたちの経験では
3日ほど経つと赤ちゃんも少しずつ慣れていき、
夜間断乳を成功することができます。

途中で中途半端に授乳したりすると
夜間断乳は失敗してしまいますので

赤ちゃんのためにも、お母さん自身のためにも
ぐっと我慢して、毅然とした態度で接してあげてください。

 

ちなみに私は、
夜間断乳する時、そんなことを知らず
わが子がギャン泣きする→授乳。を3回ほど繰り返してしまい
夜間断乳を失敗しましたので、

そんなことにならないように
中途半端な態度は禁物と肝に銘じてくださいね。

まとめ

今回は”夜間授乳”についてお伝えさせていただきましたが
いかがだったでしょうか?

あなたが夜間断乳に踏み切るべきかどうか、
どうやっていいか迷っているなら是非参考にして
試してみてください。

 

最初は失敗したように感じるかもしれませんが
少しずつ赤ちゃんも慣れてきますので
まずは小さなステップから始めてみてください。

 

もし、他にもっとこんなことが知りたいなどありましたら
こちらよりお問合せ頂きましたら、

可能な限り記事で反映していきたいと思いますので
お気軽のお問合せください。

→ 知りたいことがあればこちらからどうぞ

 



-子育て

Copyright© 気になることならなぁにWEB , 2019 All Rights Reserved.