気になることならなぁにWEB

ドラマ・イベント・地元情報など気になったことを配信中




子育て

新生児の授乳時のしゃっくり!止める方法や原因はなに

投稿日:

新生児は大人と比べると
未発達な状態なので、
周囲の環境の変化からよくしゃっくりをします。

 

実は、胎児として
おなかの中にいるときでも
しゃっくりをすることがあるそうです。

 

基本的に
赤ちゃんがしゃっくりする
仕組みは大人と変わりません。

しゃっくりが原因で嘔吐などをするので
心配してしまいますが、

まずはしゃっくりが
どのような理由で起きているのか
知ることが大切です。

 

今回は赤ちゃんのしゃっくりの原因と
止める方法について見ていきたいと思います。

新生児のしゃっくりの原因はなに?!

しゃっくりとは
実はおなかの中にある横隔膜、

-横隔膜は薄い膜のような筋肉-

がけいれんを起こして生じる現象です。

 

そして、
新生児がしゃっくりをする
最も多い原因と考えられるのが授乳です。

授乳時には
母乳と一緒に空気を大量に吸ってしまうため、
その空気が横隔膜を圧迫します。

圧迫された結果、
しゃっくりを起こしてしまいます。

 

他にも、
室内の温度の変化や体温が下がったり
ストレスがたまることが原因の時もあります。

 

赤ちゃんがしゃっくりが出た時に
止めてあげる方法は
いくつかあるのでご紹介しますが、

基本しゃっくりは
自然と治るものなので
無理に治す必要はありません。

新生児のしゃっくりを直す方法

一つ目の方法は、縦抱きをすることです。

空気が横隔膜を圧迫したことが
原因であるとすれば、

その空気を出してあげることが
とてもシンプルな方法です。

 

新生児にげっぷを出してもらうには、
縦抱きをしてあげるのが効果的です。

縦抱きにしておなかへの圧迫を
取り除くことで自然とげっぷが出ることがあります。

 

縦抱きは首が不安定な赤ちゃんにとっては
心配という方もいますが、
正しい姿勢で持ってあげれば何も問題はありません。

持ちにくいということも考えられますが
少しの間だけでも縦抱きしてあげることで、
しゃっくりを止めてあげることができます。

 

二つ目の方法は、体を温めてあげることです。

これは、横隔膜の痙攣はいわゆる筋肉の収縮、
緊張からなるので横隔膜を温めることによって
痙攣を和らげる方法です。

みぞおちの下あたりに横隔膜はあるため、
その部分に少し温めたタオルのようなものをあてて
横隔膜を温めてあげると良いです。

 

タオルの温度は38度程度が丁度いいといわれています。
冷たすぎると逆におなかを壊してしまうこともあるため、
寒い場所では気を配ってあげてください。

もちろん熱すぎても肌をやけどさせる原因にも
なってしまいますから熱すぎも厳禁です。

難しいところではありますが
熱すぎず、そして冷たすぎずの温度がベストです。

 

また、おむつを替えてみるのも一つの方法です。

濡れたおむつは想像以上に
赤ちゃんの体温を奪ってしまうので、
濡れたおむつをはかせた状態にしないようにしましょう。

大人でも生乾きのパンツをはいて
風邪をひいてしまった経験がある人もいると思いますが
赤ちゃんも同じなので気にかけてみましょう。

 

三つ目の方法は、背中をトントンたたいてあげることです。

背中をさすったり
軽くたたいてあげることで赤ちゃんは安心し、
体が温まりゲップをしやすくさせることができます。

ここで注意しなければいけないのがたたく強さです。
大人でもそうですがすごく強く背中をたたくと
身に危険が生じてしまいます。

 

赤ちゃんはとても弱いので思ったよりも
優しくたたいてあげないと、

食べたものを戻してしまう危険性があるので
注意したいところです。

 

四つ目の方法は、少し寝かせてあげることです。

少し体を寝かせてあげることで
胃の中の空気が上の方に上がってくるため
ゲップがしやすくなります。

この後に縦抱きをしてあげると
ゲップをする確率がとても高くなります。

 

このように、新生児のしゃっくりには
ゲップがとても効果的なのがみてわかります。

ゲップを出させようとする際に重要なのが、
あらかじめ吐き出しを考慮しておくことです。

 

ゲップと同時に少量はいてしまうことは
普通にありますから、

あらかじめ吸収性のいいタオルを
用意しておくといいです。

 

これら以外にもいくつかの方法がありますが、
上記の四つの方法が一番おすすめです。

ぜひ試してみてください。



-子育て

Copyright© 気になることならなぁにWEB , 2019 All Rights Reserved.