気になることならなぁにWEB

ドラマ・イベント・地元情報など気になったことを配信中




病気

おたふく風邪の予防接種はいつ打てばいい?金額や回数はどのくらいなのか

投稿日:

赤ちゃんから小学生のお子さんは、
小さい頃、まだまだ免疫がないため
よく熱発します。

 

中にはかかると重篤になる可能性があるため
予防接種を受けることが推進されている病気もあります。

そんな病気の1つが「おたふく風邪」です。

 

おたふく風邪はかかったら、
耳下部から顎にかけて痛みが発症し、
おたふくというお面のような顔になることから
その名前がついている病気です。

 

たまに、おたふく風邪にかかっても
あれ?症状が・・出ない、

顔が腫れないというお子さんもいて、
痛みを感じずに症状がこともあります。

ただ、これはおたふく風邪に掛かった
子どもの抵抗力や免疫力が関係していると言われています。

 

激しい症状がでない場合でも
合併症にかかる確率は少なくありません。

そのためよほどのことがない限り
予防接種を受けることをオススメします。

もちろん予防接種を受けたからといって
おたふく風邪に必ずしも掛からないというワケではありませんが、
万が一おたふく風邪にかかった場合も症状が軽減されます。

 

今回はそんな「おたふく風邪の予防接種」の
費用やいつ頃受ければいいのか?など
よく分からない点についてお伝えしていきます。

おたふく風邪の予防接種はいつ頃打てばいいのか?時期や金額を徹底解説!

感染症なので感染したら
痛みがなくても学校や幼稚園は必ず休まないといけない
「おたふく風邪」。

 

予防接種を受ければ予防できることは知っていても、
いつ頃打てばいいのか?ってなかなか知らない人が
多いです。

ちなみに私も知りませんでした。

 

親に聞いても
●歳くらいで適当に打てばいいのよ!など
あいまいな返事ばかり・・・

だから子どもが出来た頃、
おたふく風邪の予防接種をいつ頃打てばいいか
一生懸命調べた覚えがあります。

 

今回医学の進歩によって当時と
変わっている可能性があったので
調べてみたところ・・

 

変わらず
「おたふく風邪の予防接種が
打てるのは1歳前後からとされています」

※その前に接種したとしても免疫が付きにくいそうです。

 

おたふく風邪にかかりやすい時期が
2歳からと言われているので
その前に接種できるよう心がけましょう。

 

また、1回目の予防接種した後、
2回目の予防接種はいつ打てばいいのか?というと
年齢で言えば5歳から7歳くらいまでが理想です。

 

大体1回目から2~6年の間を開ける必要がありますので
その点を考慮して、可能な限り小学生のうちには
2回目までを済ませるようにするよう計画するのがオススメです。

 

予防接種の時期に絶対!はないのですが、
年齢が高くなればなるほど

感染した場合に重症化するのでことを考えると
この時期が一番オススメです。

おたふく風邪!予防接種を受けたくない4つの理由とは?

調べた中には、
予防接種をしないという意見も結構たくさんありました。

なぜ受けないのかという理由を調べてみましたら
主な理由としては次の4つがあるようです。

予防接種を受けることによる副作用がこわい

予防接種はウイルスをカラダの中にいれて
免疫を作るという方法ですから、
確かに副作用がないとはいいきれません。

副作用の症例が少ないといっても
出た場合はこわいですよね。。。

 

ただ、おたふく風邪の場合
予防接種を受けないでかかってしまったら
5000人から1万人に一人の割合で、
難聴になってしまいます。

副作用は怖いのも重々分かりますが、
受けずに抗体がないまま掛かる危険性を天秤にかけると
やはり私は予防接種を受けるほうが良いと思います。

 

もし心配な場合は、予防接種を受ける前に
かかりつけ医にご相談してみてください。

予防接種は一回受けばいいという安心感

医療先進国と言われている日本の住んでいる人の中では
おたふく風邪の予防接種を2回受ける重要度を理解している人は
まだまだ少ないのが現状です。

 

多くの方が
なんで2回も打つのかと疑問に思っているかもしれません。

おたふく風邪の予防接種は、
1回受けることである程度の免疫はできます。

 

1回目予防接種で
90パーセントは予防できると言われています。

しかし、残りの10パーセント。
これは、1回目だけでは接種した
ワクチン定着率が低く

予防接種を受けたとしても
「おたふく風邪」に掛かる可能性が残ってしまうようです。

 

このため、
日本小児科学会では

ワクチンがきちんと身体に定着するに
2回予防接種を受けることが

推進されています。

おたふく風邪の予防接種は高い

予防接種は任意医療に該当するため
無料で受けることはできず、

個人で費用を払って受けなくてはいけません。

 

相場の金額は大体

5000円から7000円

のようです。

 

安い金額ではないので
家計を圧迫するためためらう気持ちもわかります。

所属している地方公共団体などで
助成金が用意されている可能性もありますので
確認してみて、

金額的負担を軽くする努力をした上で
予防接種を受けるようにしましょう。

おたふく風邪に実際かかり免疫を作ればいい。

この考えは非常に危険です。

子供は抵抗力・免疫力が少ないため
症状が弱い場合がありますもありますが
重篤化する危険性もはらんでいます。

 

また看病をしている両親が
実はおたふく風邪に掛かった
経験がなかった場合には

親におたふく風邪がうつり、
症状が子供より重くなり、
悪くすると命に関わりますことがあります。

 

自然感染で免疫を作る方法は
リスクが高すぎますので、
自分のためにもお子さんのためにも
事前に計画を立てて予防接種を受けましょう。

まとめ

おたふく風邪の予防接種について
見てきましたがいかがだったでしょうか?

 

予防接種は金額的に高く感じてしまう金額ですが、
リスクを考えるとちゃんと2回接種できるように
お子さんが小さい頃から計画していくのが何より大事です。

助成金制度などをうまく活用して
予防接種を受けるようにしてください。



-病気

Copyright© 気になることならなぁにWEB , 2019 All Rights Reserved.