気になることならなぁにWEB

ドラマ・イベント・地元情報など気になったことを配信中




病気

普通の夏カゼとヘルパンギーナ違い・予防方法とは?

投稿日:

夏風邪と勘違いしやすい病気ってご存知ですか?

 

「ヘルパンギーナ」という
急性の咽頭炎のことなんですが、

この病気は小さなお子さんが掛かりやすいと
いわれています。

 

ヘルパンギーナは、
特に夏場に乳幼児や小さな子どもの間で
流行るウイルス性の感染症なんですが、

症状が夏風邪と似ているため、
勘違いしているママさんが結構いらっしゃいます。

 

そこで今回は
ヘルパンギーナと夏風邪の違い、
そして予防策についてお伝えしていきます。

ヘルパンギーナってなに?夏風邪との違いがコレ!

ヘルパンギーナは
特に6月~8月くらいの間に
流行ると言われいます。

 

夏場の子ども達は
このヘルパンギーナや手足口病、
そしてプール熱などの夏特有の夏風邪に
かかる傾向があります。

 

ヘルパンギーナの一般的な症状は
主に口内に水疱ができます。

水疱ができるととても痛いため
大泣きしてしまう子供も多いのが特徴です。

ヘルパンギーナの原因である病原体は
コクサッキーウイルスと呼ばれるウイルスが主なのですが、
エコーウイルスと呼ばれる病原体も関係していることがあります。

コクサッキーウイルスやエコーウイルスは
予防接種でも認知されているポリオウイルスなどと同じく
エンテロウイルスというカテゴリーに分類されます。

エンテロウイルスとは
夏風邪の主な原因として知られており、
他にも手足口病の原因にもなります。

 

ヘルパンギーナの主な症状は
急な発熱と
同時に喉の奥の方が真っ赤になり
炎症を起こし痛みが出ます。

 

ほとんどの場合は
2~3日以内には熱が下がりますが、

解熱後も引き続き喉の痛みが続くので
しばらくの間食事を飲み込めないこともあるようです。

この他にも倦怠感や関節の痛みが続いたり、
発熱によって6歳未満のお子さんは
熱性痙攣を引き起こす可能性があるので要注意です。

 

また人によっては首の痛みや頭痛、
吐き気、嘔吐の症状が出る場合があるので、
その際は髄膜炎の可能性もあるので
早めにかかりつけ医に受診する必要があります。

 

赤ちゃんの場合は
口や喉が痛くてもなかなか訴えられないことがあるので、
熱が高く身体もぐったりしている様子なら
まずは口の中をチェックすりょうにしてください。

ヘルパンギーナを予防するならこの方法がおすすめです

ヘルパンギーナは
咳やくしゃみなど飛沫感染や
接触感染によって感染してしまいます。

ヘルパンギーナからの予防法としては
添加物や白糖をなるべく摂取しないようにして、
食事も天然素材使った物が良いと言われています。

天然の素材を使った料理を食べることや、
白糖を避けることで体の免疫力は
アップしやすいので予防措置が取れます。

 

また夏場の体温調節の多くは
発汗で行うのですが、

子どもの体温調節機能の発達を
正常にするならば適度な発汗を促すことが
大事なので外で遊ばせましょう。

しかしプールなどで長時間遊ばせたり、
水のシャワーだけで済ませると
体温調節機能は発達しないどころか
風邪を引き起こす場合があるので要注意です。



-病気

Copyright© 気になることならなぁにWEB , 2019 All Rights Reserved.