気になることならなぁにWEB

ドラマ・イベント・地元情報など気になったことを配信中




イベント

初節句女の子のお祝い金額はいくら?食事の料理や親を呼ぶのがいいのか

投稿日:

赤ちゃんが産まれて最初に迎える初節句。

人生で一度のことなので、
大切にしたいイベントですが・・・
最初のことなので初節句について
あまり良くわからないという場合もあるかと思います。

 

私も最初の頃は、

初節句・・・
女の子なら3月3日「桃の節句」、
男の子なら5月5日「端午の節句」

ほぉ~そうなんだぁ・・・と思っていました。

 

雛まつりや、子供の日では
馴染みがあるものの

初節句として迎える機会は
親戚に子どもができたりしたことがなかったので
わが子の時に初めて知りましたというのが正直なところです。

 

今回は当時の私と同じように
全く知らない人向けに、初節句のマナーと
お祝いとしてもらう金額の相場がいくらくらいなのか?などを
お伝えします。

女の子の初節句どんな風にお祝いするの?

女の子の初節句は、3月3日に
昔はおじいちゃんやおばあちゃんをはじめ
親戚みんなで一箇所に集まって、

赤ちゃんの節句を盛大に祝うことがあちらこちらで
行われていましたが、

今ではホント内々の身内だけ集まって
行われることが主流になっています。

 

両家の祖父母が折半もしくは片方が購入費用を出して
雛人形を事前に購入して部屋に飾り付けて
初節句である雛まつりに、祝いの席をもうけて
赤ちゃんを囲んでお祝いをします。

 

なお、雛人形は一夜飾りにならないように
立春の日(節分の翌日)から2月中旬頃までに
準備をして飾り付けを行い、

雛まつり以降の天気が良い日を選び、
できるだけ早くしまうようにしましょう。

初節句には誰を呼べばいいの?!祖父母を呼ぶ必要はあるのか

初節句では、祖父母から雛人形を贈ってもらったり
親戚や知人からお祝い金をもらったりします。

 

お祝い金の金額相場は、だいたい

親戚:1,0000~20,000円
知人・友人:5,000~10,000円

が一般的です。

 

雛人形を贈ってもらったり、
お祝い金をいただいた方は
基本的にお祝いの席にお招きするのが一般的です。

初節句のお祝いの席のご招待する事が
何よりいちばんのお礼になりますからね。

 

なので、もちろん両家の祖父母は
必ず祝いの席に招くようにしましょう。

祖父母にとって孫の初節句を祝えるのは
何より嬉しいことですしね。

 

ただ、相手方の事情で
祝いの席に出席できない場合は、
初節句マナーとして

頂いたお祝いの
3分の1から半額程度の内祝いを贈りましょう。

初節句の祝いの席の料理はどんな料理が最適なの?!

祝いの席に出席してくれた人に
振る舞う料理は、昔は両親が手料理を作るのが一般的でしたが
最近はケータリングなどに頼むところも増えてきています。

 

手料理を作るにせよ、
ケータリングで準備するにせよ

初節句の祝いの席の料理としては、

ちらし寿司と
ハマグリのお吸い物を

 

祝い膳として出すのが良いとされています。

まとめ

今回は「女の子の初節句」を見てきましたが
いかがだったでしょうか?

赤ちゃんにとって初節句は
人生で一度きりなので、ぜひ参考にしてください。

 

雛人形を誰が準備するのか、
料理の段取りはどうするのか?などを
事前に両親も含めて相談しておくと滞りなく進めることができるので
オススメです。

 

そして、祝い膳の席の風景は
良い思い出になりますので、
必ず1枚以上の写真におさめておきましょう。



-イベント

Copyright© 気になることならなぁにWEB , 2019 All Rights Reserved.