気になることならなぁにWEB

ドラマ・イベント・地元情報など気になったことを配信中




妊娠・出産

早期妊娠検査薬はいつから確実な反応なの?フライング陰性にならない時期は

更新日:

妊活して妊娠を心待ちにしていると
妊娠超初期症状と思われる症状が出ると
嬉しくなって1日でも早く検査したい~!!と思いますよね。

 

でも、一般的な妊娠検査薬はほとんど

「生理予定日の1週間後から判定できます」

となっているのでなかなか思うように検査ができません。

 

そんな少しでも早く検査をしたい場合に使えるのが

最近開発された早い時期に判定可能な
「早期妊娠検査薬」です。

 

ただ、実際「早期妊娠検査薬」というものが
どんな商品で、早い時期っていつ頃から確実な反応が出るのか?
など知りたいことが沢山あるのに

ちゃんとした説明がされているところが少ない状況です。

 

そこでどんな妊娠検査薬なのか、
確実な反応が出る時期はいつ頃なのか?
徹底的に調べてみました。

少しでも早く妊娠を確認したい場合は、
ぜひ参考にしてみてくださいね。

早期妊娠検査薬ってなに?通常の検査薬と何が違うの

少しでも早く妊娠を検査したいけど、
間違った結果が出てぬか喜びなんてことになったら
意味がないですよね。

 

そこでまずは、そもそも早期妊娠検査薬とはなにか
通常の妊娠検査薬と何が違うのか?見ていきたいと思います。

 

妊娠検査薬は、早期~のものも含めて
妊娠したかどうかを「hCGホルモン(妊娠中に分泌されるホルモン)」が
尿の中に含まれているかどうかでチェックします。

通常の検査薬では、
hCGホルモン50mlu/mL以上
の分泌量で反応し、

早期妊娠検査薬では、
hCGホルモン25mlu/mL以上
の分泌量で反応します。

 

通常の検査薬は、フライング判定などを行わず
適正な時期を見定めて使用すれば99%以上の確率で
妊娠しているかどうかの正確な判定を行うことができます。

ただ、早期妊娠検査薬は
通常の妊娠検査薬よりも1~2週間ほど早くから
使用できるメリットがありますが、

hCGホルモンは個人差あり。分泌量が異なるため
通常の検査薬より正確性が落ちるというデメリットがあります。

早期妊娠検査薬で確実に妊娠が分かる時期はいつ頃なのか?

女性が受精卵が子宮に着床すると
黄体ホルモンの分泌を継続させるために
hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)が分泌され始めます。

妊娠した場合には、このhCGホルモンが
排卵後10日前後で尿の中で濃度が少しずつ上っていき
妊娠検査薬で判定できるようになります。

 

妊娠3週くらいで
hCGホルモンが20~50mlu/mLに
なるといわれていますので、

着床後、順調にhCGホルモンが増えていけば
早ければ妊娠3週目、生理開始予定日の3日前くらいになると
早期妊娠検査薬で反応を確認することができます。

 

ただ、いくら通常の検査薬に比べて
感度が高く作ってある早期妊娠検査薬といえども
早く測定すればするほど正確性がドンドン落ちていきます。

 

目安として参考値としては、

生理開始予定日3日前に陽性:約50%
生理開始予定日2日前に陽性:約70%
生理開始予定日1日前に陽性:約85%

 

早期妊娠検査薬はまだまだ海外製が多いのが現状ですが、
メーカー側で正確性の高さを謳っていなければ、
使う際はあくまでも参考程度にとどめておくことがオススメです。

 

また自分の生理周期を正確に把握していない場合は、

定期的に基礎体温を記録している場合は
高温期9日目以降

卵子の排卵日が分かる場合は
排卵した後2週間程度 経過した後

が適した時期と言われています。

まとめ

これまで見てきたように

早期妊娠検査薬は、
通常の妊娠検査薬より
早い時期に検査をすることができる試薬ですが

正しい使い方をした場合でも
通常のモノに比べて、正確性が低い可能性があることを
認識した上で利用することが必要です。

 

早期妊娠検査薬で陽性反応が出た場合でも、
流産や子宮外妊娠でも陽性反応が出ることがあるので
最終的な判断は、産婦人科医に必ず確認を行うようにしてください。



-妊娠・出産

Copyright© 気になることならなぁにWEB , 2019 All Rights Reserved.