気になることならなぁにWEB

ドラマ・イベント・地元情報など気になったことを配信中




病気

おたふく風邪で腫れてるのに痛くない?対処方法は普通と違うのか

投稿日:

子どものかかる病気で
よく名前のあがることで知られている
”おたふく風邪”。

特に小さい子供がかかることが
ケース的には多くあります。

だいたい3~6歳の子どもが
掛かりやすい風邪で、
赤ちゃんが掛かるケースは稀な病気でもあります。

 

子どもの頃に、
予防接種を受けたり、
一度は掛かっていると安心なのですが

大人になってかかると
重症、特に男性に関しては
生殖問題も出てくるほど大変な病気でもあります。

 

おたふく風邪にかかった場合は、
頬が腫れて痛みを伴うことが
ほとんどですが痛みを伴わないケースも
あります。

そんな痛みのない場合の
おたふく風邪について今回は見ていきたいと思います。

一般的なおたふく風邪の原因ってそもそもなに?

痛みを伴わない
おたふく風邪について見ていく前に、

そもそもおたふく風邪とは何なのか?
ということをまずは見ていきたいと思います。

 

おたふく風邪は、
正式名称が流行性耳下腺炎という病気です。

何らかの理由でウイルスに感染したことによって
発症します。

 

症状としては、
顔がお面の「お多福」のように
丸くなって頬が真っ赤に腫れるのが特徴です。

耳下の痛みは3、4日つづき、
顔の腫れが引くのはだいたい1週間前後かかります。

 

顔が腫れているので
食べたり、話をする度に痛みを伴いますが
有効な治療法はこれと言ってありません。

熱がでたり、下痢・嘔吐などの症状が
出ることもありますが、

ウイルスに対抗する体力が必要であるため
栄養価の高い食事を食べさせることが重要です。

症状が落ち着いて、
腫れがひけばウイルス感染力も弱くなりますので
回復まではあと少しの状態になります。

 

感染経路は、
おたふく風邪にかかった人からの
つばなどの飛沫感染がほとんどです。

 

しかし、おたふく風邪原因の
病原性微生物ムンプウイルスが
体内に感染後、だいたい2~3週間ほどは
症状が出ず、潜伏している期間があります。

潜伏期間が他のウイルス性の病気より
長いことが特徴で、その期間に他の人に
うつしてしまう可能性があります、

 

かかっている人の
くしゃみ、会話、咳などから感染しますので
要注意です。

このため、
子どもがおたふく風邪にかかったことが
わかった場合は、すぐに通学・通園は禁止となります。

痛みのないおたふく風邪ってあるの?対処方法はどうなる

おたふく風邪の一般的な症状を
見てきましたがまれに

「うちの子がおたふく風邪にかかった!
あれっ??症状がでない」

ということが起きます。

 

症状がでない場合は、
耳下部分も腫れず、全く痛みを感じることなく
治癒していきます。

症状がでない理由は明確にはされていませんが
子どもがもっている個々の抵抗力や免疫力が
大きく関係しているのではないかとされています。

 

抵抗力が弱い子どもがかかった場合に、
おたふく風邪の原因ウイルスへ激しく抵抗できないため
大きな症状が発症せずに、完治していくというケースも
報告されています。

 

ただ症状が出ないからと言って、
他の病気との合併症がでないかというと
そういうわけではなく、

合併症を起こす危険性は
症状が出ている場合同様、
確率的には少なくないのが現状です。

 

おたふく風邪は、
感染した後は抵抗力と免疫力頼りで
直すしかないため、

対処方法としては、
事前に予防接種を受ける方法のみとなります。

 

ただ、予防接種をしたからといって
必ず感染しないというワケではありませんが
症状が出てきた場合も軽い症状で抑えることができます。

まとめ

今回は子どもが掛かりやすい病気
おたふく風邪について見てきましたが
いかがだったでしょうか?

 

症状が出る場合と出ないケースが
ありますが両方とも合併症を起こす危険性はありますので、

感染拡大しないように
自宅で安静にして栄養価の高い食事を取ることが
何よりも根治には大切です。

 

おたふく風邪の症状を抑えることもできますので
予防接種などの案内が園からあった場合などは
事前に予約して受診するようにしましょう。

 

関連記事:おたふく風邪の予防接種はいつ打てばいい?金額や回数はどのくらいなのか



-病気

Copyright© 気になることならなぁにWEB , 2019 All Rights Reserved.