気になることならなぁにWEB

ドラマ・イベント・地元情報など気になったことを配信中




子育て

男の子の子育てに多い悩みのランキングベスト5

投稿日:

男の子の子育ては、
女の子と比べると3倍も大変だとも言われています。

 

男だからと言って
すべてがこれに当てはまるわけではありませんが、
男の子の子育てがなかなか一筋縄にはいかず、
悩みを持つ母親も多いものです。

 

しかし手がかかるだけに
子供の可愛さや育児の楽しさを実感できるのも、
男の子を育てる上での醍醐味と言えるでしょう。

今回は先輩ママで男の子の子育てで
悩んだことのトップ5をランキング形式でお届けします。

男の子の子育て悩みで一番多いのがコレ!

男の子を子育てしている
母親の悩みで一番多いのが
病気が多いということが挙げられます。

 

これは赤ちゃんの時に
よくある悩みといえますが、

赤ちゃんのころは
男女の差はあまりないようにも思われがちですが、
実はホルモンの分泌量などに違いがみられ、
身体的な差があるのは事実です。

 

男の子は、女の子よりも代謝が活発で、
肺の機能の成熟が遅れがちということもあり、
発熱や下痢、ぜんそくなどの病気に
かかりやすいという特徴を持っています。

また女の子と比べると
筋肉質で元気に走り回っている
イメージが多くありますが、

さまざまなものに興味を示し、
触れてなめたりすることも多いので、
感染症にかかる確率も高いと言われています。

 

また男の子は、言葉で表現することが
元々あまり得意ではないので、
たとえ自分の体の具合が悪い時でも、

それを言葉にして
母親にうまく伝えることができず、
夢中になると自分の体調が悪いことも忘れて
ぎりぎりまで遊んでしまうことも多く見られます。

そのせいで体調の変化に気づいたときには、
かなり悪化していることもあるので、
こまめに体調をチェックする習慣を
つけておいた方がよいといえます。

 

これらの解決方法としては
スキンシップや会話を通して、
子供の体温や体調に普段と変わりはないかどうかを、
こまめに確認することが大切です。

あれっ?うちの子は少し遅いのかな?が第二位

そしてランキングの第二位として、
精神的な成長が遅いのではないか
という悩みが挙げられます。

 

これは
特に男の子のお姉さんがいる場合に
多く見られます。

 

男の子は言葉が遅いとも
言われていますが、

言葉の問題については
個人差が大きいため、
決めつけることができません。

 

しかし女の子に関しては
身近な大人がやっていることをまねたり、
積極的にかかわっていこうとする傾向が強いので、
精神的な発達が早いとも言われています。

 

対して
基本的に男の脳は
モノや動きに対して非常に興味を持ち、
日常生活や人とのかかわりについては
あまり興味が向きにくい傾向にあります。

 

反対に優れた面もたくさん持っているので、
良いところを伸ばすつもりで
慎重に様子を見ながら
かかわっていけると良いでしょう。

言葉づかいが心配・・・

ランキングの第3位としては、
言葉遣いが悪くなるということが挙げられます。

特に保育園や幼稚園に行き始めた子供が、
突然に汚い言葉を使うようになることがよく見られます。

 

これについてどうにか直したいと
悩む母親が多く見られますが、

これは子供が言葉に対して
興味を持ち始めた証拠であるともいえます。

 

上にお兄ちゃんやお姉ちゃんがいる場合には、
その兄弟の影響も受けやすく、
その年齢の子供が発するような言葉ではない言葉も、
口に出すことがあります。

 

女の子の場合には
母親の顔色をうかがったり、
周りの空気を読む傾向にありますが、

男の子の場合には
たとえ叱られることがわかっていたとしても、
自分がやりたいと思ったことや、
面白いと感じたことはやりたがります。

 

3歳ぐらいになると
言葉を上手に使えるようになり
言葉にも興味がわき、

たとえ悪い言葉であったとしても
初めて知った新しい言葉は
使ってみたくなるものです。

 

そのような場合に
頭ごなしにしかるのは避けるようにして、
穏やかにそのような言葉を使われることは
嫌であることをさとしていくと良いでしょう。

いきなりのワガママ・・・どうしたらいいか悩む

そして第4位は学校を休みたがるということです。

 

自分の気持ちを言葉で
説明することが苦手な男子にも
プライドというものを持っているので、

学校に行きたくない理由を尋ねても、
なぜ学校に行きたくないのかを話したがらずに、
母親がどうしていいのかわからずに
不安に思うことが多いでしょう。

 

一度休ませてしまうと
そのまま学校に行かないことが続いてしまう可能性を考えて、
無理矢理学校に連れていくべきだと考える母親も多いですが、

 

まずは子供のことを信じて学校を休ませて、
話を聞いてみるのも一つの手段といえます。

 

子供なりに学校に行きたくない理由があるはずなので、
そのストレスから解き放たれた状態で、
しっかりと子供に向き合って話を聞いてあげると良いでしょう。

夢中になるの男の子ですが・・・どうしたいいでしょうか?

そして第5位はゲームや
スマートフォンばかりで遊んでいるということです。

 

基本的に男子の脳は
躍動的なものや機械的なものに
興味を持ちやすい傾向にあります。

 

そのためゲームだけではなく、
様々な機能が付いているスマートフォンは、
興味の対象となることでしょう。

 

この場合には使用時間や使い方、
もしも守れなかった時の対処などのルールを
家族で決めたうえで、

使用することを検討すると良いでしょう。

 

また親もスマートフォンに
依存する傾向が強いので、
スマートフォンやゲーム、
テレビなしで家族で過ごす時間を作ってみると良いでしょう。

まとめ

男の子に多い悩みランキングトップ5を
お届けしましたがいかがだったでしょうか?

男の子がいらっしゃる方だったら
分かる分かるというのが多かったのではないでしょうか?

 

対処方法としてうちの子に対して
行ってきたことなども所々、入れてみましたので
参考になれば嬉しいです。



-子育て

Copyright© 気になることならなぁにWEB , 2019 All Rights Reserved.