気になることならなぁにWEB

ドラマ・イベント・地元情報など気になったことを配信中




子育て

育児と仕事両立ができない!夫の協力やうまくいくコツを紹介

投稿日:

一昔前には当たり前だった、

「結婚したら男は外で働き、
女は子供を産んで家庭を守る」

という社会の暗黙が崩れ、
今や女性もどんどん社会に進出しています。

 

それに伴い、
結婚して出産しても仕事を辞めずに
働き続けるという女性が増えています。

その背景にはいったん正社員を辞めて家庭に入り、
子供がある程度大きくなってから
もう一度社会復帰したいと思っても、
正社員の座を射止めるのは簡単なことではない。

かといって教育費は大きな負担となるので、
夫婦が共働きしなければ経済的に苦しいという事情が
あるのではないでしょうか。

しかし、当然のことながら仕事と育児を
両立させることは簡単なことではありません。

 

今回は仕事と育児を両立するためのコツと
夫とうまく協力体制を作る方法をお伝えしていきます。

夫に育児を協力をしてもらうコツと注意点とは?

実際に周りの協力が
得られなくてひとりで抱え込んでしまい、
ノイロ-ゼになってしまうという女性は
少なくはありません。

 

そしてそんな悩みを抱えている
多くの女性の原因となっているのは、
家事や育児に協力しない夫であるということも
残念ながら事実です。

子供がいなくても
仕事と家庭を両立させるのは大変なことなのに、
そこに子育てが加わるとなると、

ひとりで回るわけがないのは
当たり前のことなのに、
どうやらそのことが全然わかっていない夫
というのが存在しているのです。

 

ただ、
家事をやらない夫イコ-ル俺様系の性格であると
決めつけるのは早すぎます。

何故ならば多くの場合、
夫たちは妻がそんなに大変な思いを
抱えているとは思っていないからです。

つまりこういった悪気のない
気が利かない夫は、改造の余地があると
言わなければなりません。

 

そのためには妻たちは
きちんと声に出して「助けて」と言うようにしましょう。

 

妻に助けを求められたら、
いくら想像力に欠けていても
大抵の夫は協力してくれるはずです。

まずは育児を手伝ってもらいましょう。

 

赤ちゃんにミルクをあげたりオムツを代えることで、
夫は妻が毎日どれだけ大変な思いをして子育てをしているか、
「実感」として理解するのではないでしょうか。

そしてその実感させることが、
ほかならぬ協力の第一歩となることでしょう。

 

初めは手伝うぐらいの感覚しか
持ち合わせていないかもしれませんが、
妻の大変さを身に染みて感じれば、
その「お手伝い」はやがて自然に「協力」に変わるでしょう。

 

ここで気をつけなければならないのは、
妻は必要以上に自分の実家の母親等を頼り過ぎては
いけないということです。

 

客観的にみれば
子育ての経験がない夫よりも
自分を育ててくれた母親の方が、
子育てに関しては信頼がおけるというのは
当然のことかもしれません。

しかし、
あまりにも実家の母親に依存し、
また母親も孫可愛さに娘の家に
入り浸りのような状態となることは感心しません。

 

せっかく家事や子育てに協力しようと
思っていた夫を蔑ろにすることは避けるべきです。

どんなに夫が不器用でも、
まずは夫に助けを求め、頼りにしているということを
伝えることが仕事と育児を両立させるコツです。

両立するには●●との協力体制が大切!その築き方を紹介

さて、家庭内で夫の協力が
得られそうだという明るい光が見えたら、

今度は職場の同僚等の協力も
得られるように努力しましょう。

 

保活も無事に終え、
育児休暇から職場に復帰できても、
幼い子供はしょっちゅう熱を出したり
病気をもらってきたりするので、

度々予期しない遅刻や早退を
余儀なくされるはずです。

 

周りの協力がなければ
乗り切れないという状況になった時、

どうしたら気持ちよく
協力が得られるのかを考えてみましょう。

 

大切なことは周りに人に対する
感謝の気持ちを忘れないということです。

 

子供が病気なのだから会社を休んで当たり前、
といった考え方では最悪の場合職場で
孤立してしまわないとも限りません。

 

そのためには、
子供が病気になった時のサポ-トを
確保しておくことが大切です。

例えばここが本当の
実家の母親の登場場面でもあります。

 

あまり迷惑をかけすぎるのは問題ですが、
こういった本当に困った時には
お願いしてしまうのもひとつの方法です。

頼めるようでしたら、
夫側の母親というのも是非メンバ-に
入れておきましょう。

 

もしもふたりとも遠方に住んでいたり、
まだ現役で働いているという場合は、
ファミリ-サポ-トやベビ-シッタ-の
手を借りてみてはいかがでしょうか。

 

インフルエンザなどで、
1週間休まなければならないといった場合、
子供が登園できないからといって
夫婦が交代で1週間職場を休むというのも
なかなか難しい話です。

 

そういった緊急時に
サポ-トを頼める機関をできれば
職場に復帰する前から探しておいて、
確保しておくことが仕事に穴を開けない
大切なポイントとなります。

まとめ

仕事と育児を両立する方法を見てきましたが
いかがだったでしょうか。

 

最後にご紹介した
ファミリ-サポ-トなどは少子化が進んだことで
女性が安心して仕事と育児を両立できるように
いろいろなサ-ビスが登場していますが、

まだ実際には十分機能していない部分が
あることは否めません。

 

ですが、地方公共団体によっては
結構使えるサービスがあったりしますので
問合せしたり、ネットで調べてみて
有効活用してみるのがオススメです。

 

育児と仕事。
すべてを完璧に行おうと孤軍奮闘すれば
大変なストレスを感じてしまうでしょう。

まずは肩の力を抜いてリラックスしてください。

 

多少部屋の中が片付いていなくても
コンビニ弁当が2日続いても、
家族が健康で笑顔でいられることよりも
大切なことはありません。

 

1番の味方であるべき夫に
誰よりも先に相談して
一緒に子供を育てていく自覚を
持ってもらうことから始めてみましょう。



-子育て

Copyright© 気になることならなぁにWEB , 2019 All Rights Reserved.