気になることならなぁにWEB

ドラマ・イベント・地元情報など気になったことを配信中




子育て

授乳時にアルコールの影響はあるの?飲酒の何時間後からならOK

投稿日:

毎日の晩酌が好きで、
このために生きています!

それくらいお酒が好きな人も
いらっしゃるのではないでしょうか?

 

実際に私のママ友の中にも
お酒が大好きな方がいました。

その方いわく
赤ちゃんを育てている間の
お酒の付き合い方が

気を使って大変だったとそうです。

 

今回はお酒が好き、
でも赤ちゃんにも影響ないように
ちゃんと母乳で育てたいというママのために

授乳とアルコールの関係、
そしてどの程度、飲酒から時間を空ければ
影響がなくなるのかお伝えしていきたいと思います。

授乳期間中の飲酒は危険!赤ちゃんに及ぼす影響とは?

赤ちゃんも大好きだけど
同じくらいお酒も大好きという方は、

なんとなくで飲酒をしながら
子育てをしていませんか?

 

これくらい飲酒から間を空ければ大丈夫だろう?
と安易な感じで進めるとかなり危険です。

 

授乳とアルコールの関係は非常に深く、
もしも母親がアルコールを摂取して

その後に赤ちゃんに母乳を与えた時には、
母親の血中濃度とほぼ同じ濃度の母乳を
赤ちゃんが飲むことになります。

 

赤ちゃんはまだ内臓の発達が未発達で
アルコールを分解することができません。

そのため体の中に
アルコールが入ってしまうと、
長い期間にわたって体内に残ってしまい
悪い影響を受けてしまいます。

 

その悪影響は
場合によっては脳や体に発達の遅れが
出る原因になることもあり、

低身長、低体重、記憶障害、
学習障害などが出ることがあります。

 

このような影響が出る可能性があるため
赤ちゃんの体には
アルコールが絶対に入らないように
しなくてはいけません。

赤ちゃんへの授乳は飲酒後から何時間後?個人差はあるのか

では
母乳育児中の母親は
一切お酒を飲んでもいけないかというと、

もちろん飲まないに越したことはありませんが、
長い母乳育児中に影響の出ない程度であれば
たまにはお酒を飲むことができます。

 

それは母乳に影響の出ない程度で
あれば可能だということです。

 

実際にお酒を飲んだ時には
30分~1時間程度で血中濃度が
最高になるといわれています。

 

その後、
徐々に血中濃度が低下していきますが、
その時にかかる時間は飲んだお酒の量に
よって変わってきます。

 

たとえばビール1缶350ml、
ワイン1杯程度であれば

飲酒後に2時間程度経過していれば、
授乳をしても問題がないとされています。

これは体重が50kgの女性の場合です。

 

しかし、
お酒を飲んだ後の血中濃度の変化は
個人差が非常に大きく、

この量のお酒を飲んで
これだけの時間が経過すれば
絶対に大丈夫だという根拠はありません。

 

このため、
授乳期間はできる限りお酒は控えるように
したほうがよいでしょう。

 

また最近は
ノンアルコールビールなどが
たくさん販売されていますが、

完全にお酒ではないものから、
度数の低いお酒扱いのものまで様々なものがあります。

 

ノンアルと書いてあっても
お酒扱いになっているものがあるので注意が必要です。

含まれている量が微量であっても
たくさんの量を飲めば、
結果的には普通のお酒を飲んだ時と
同じようなことになります。

 

もしも、
ノンアルと書いてある
飲料を飲むことがある時には、

きちんと表示を確認して
お酒になっている時には
飲み過ぎないように気をつけましょう。

授乳期間中の飲酒!この時期は要注意です

また、母乳育児をしている人が
お酒を飲む時には赤ちゃんの成長過程にも
気を配る必要があります。

 

新生児期のような
生まれて間もない時期には、

お酒を飲んだ後の授乳で
赤ちゃんに与える影響が
非常に大きくなってきます。

 

特に新生児期は
間隔を開けずに授乳をする必要があり、
もしもお酒の成分が赤ちゃんの体に
入ってしまった時には、

最も未熟な状態の新生児の場合には
赤ちゃんがお酒の影響を強く受けます。

 

新生児期の時に
お酒を飲みたいと思った時には、
ミルクの準備をしておいて、

お酒を飲んだ後にしっかりと
お酒が体から抜けるまでは
赤ちゃんにはミルクを与えるようにしましょう。

 

授乳間隔が空くようになっても、
離乳食が始まるまでの時期は
母乳が主な栄養源です。

 

そして、
授乳間隔が空いていると言っても
一日中母乳を与えているような状態です。

 

この時期にお酒を飲む時には、
ごくまれに飲む程度で量もビール350ml、
ワイン1杯程度であれば、

飲酒後2時間以上たっていれば
母乳を与えることができます。

 

しかし、飲むお酒の量が多かったり、
お酒に弱い体質の人は、
ミルクを用意しておいたほうがよいでしょう。

2時間以上あけても
お酒が体に残っているような時には
ミルクを与えるようにしましょう。

 

赤ちゃんが離乳食が始まり、
しかも離乳食をよく食べるようになってくると、
母乳での栄養補給の割合が下がってきます。

また母乳を与える回数も
少なくなってくることが多いでしょう。

 

ここまで赤ちゃんが大きくなると、
母親がお酒を飲むことができる時間帯が
多くなります。

 

離乳食が安定してきて、
夜間も母乳を与えることがなくなれば、
母乳を与える間隔が長時間あくことがでてきます。

 

特に夜間に続けて眠るようになり
母乳を与える必要がなくなると、
間隔が長くあくようになります。

 

この時期まで赤ちゃんが成長してくると
ビール350ml、ワイン1杯を飲んでも
2時間以上の間隔をあけて
母乳を与えることができるようになると思います。

 

もちろんお酒の量が多すぎたり、
お酒に弱い体質の人は気をつける必要が出てきます。

 

最も安心してお酒を飲むことができるようになるのは、
赤ちゃんが母乳を飲まなくなり卒乳をした後でしょう。

 

その時期になれば
育児に差しさわりが出ない程度に
お酒を楽しむことができるようになります。

 

妊娠中からお酒を飲めない期間が続き、
母乳をあげている間もお酒が飲めないとなると
多少の我慢が必要になってきますが、

どうしてもお酒が飲みたいと感じた時には、
目安となるお酒の量を守るようにして、
お酒を飲んでから母乳を与える時間は
しっかりと空けるようにしましょう。

 

またミルクの準備も忘れずに
しておくようにしましょう。

母乳を与えている時には
アルコールの影響が赤ちゃんに関係してくる
ということを忘れずにしておきましょう。

まとめ

今回は授乳とアルコールの関係性を
お伝えしてきましたがいかがだったでしょうか。

 

今回のポイントは・・・

・赤ちゃんが母乳が必要な時期は、基本飲酒をしない。
・飲んだ場合は、飲酒後2時間以上の時間をあけて
 アルコールが完全に抜けてから授乳する
・飲酒後のアルコールが抜けるのは個人差があるので
 抜けていない場合のために、ミルクを準備しておく
・母乳がいらなくなった卒乳後であれば、
 育児に影響のない程度の飲酒はOK!

ということです。

 

ちなみに私は下戸なので、
卒乳するまではほとんどお酒を飲まずに
育児をしていました。

お酒を飲む時は、
旦那にシラフでいてもらって、
ミルクをあげてもらうようにお願いをした上で

たまにお酒を楽しむようにしていました。

 

赤ちゃんがちゃんと成長するために
必要なことなので、ぜひ今回の内容を参考にしていただき
楽しく飲酒と育児の両立をしてみてくださいね。



-子育て

Copyright© 気になることならなぁにWEB , 2019 All Rights Reserved.